記述式問題

「一番最初」って何が違う?

今回は文章を書くときによく間違う言葉ついて書いています。

これは大人でもよく間違います。私もやってきました。それについてチェックしてもらえたらいいと思います。

こんにちわ

「こんにちは」については本来の意味から理解してみればいいと思います。

「今日は」というのはもともと

「今日は(ご機嫌いかがですか?)」

の「ご機嫌いかがですか」の部分が省略されたものです。ですから、本来は「こんにちは」です。

これは、「こんばんは」でも同じです。

一番最初

よく使われていいますが、最初というのは「最も初め」という意味なので、一番を指す言葉が二重にかかっています。

ですから「一番最初」というのは「一番一番初め」になってしまいます。これよく使われるので気をつけたいと思っています。

不快感を感じた

これもよく使われますね。「不快感を感じた」というのは「感じる」部分で二重になっています。

この場合は「違和感を持った」というのが直すのが適切です。

全然大丈夫

呼応の副詞で全然の後には否定の「ない」が来ないといけません。

ですが、「大丈夫」という言葉が使われていいます。正しくは「全~ない」という風になります。

すいません

正しく「すみません」です。通常、謝罪や感謝の言葉に使われています。

もともとの意味は「仕事を終える」「気持ちがおさまる」とか「満足する」と言う意味を持つ動詞「済む」から来ています。

それに丁寧の助動詞「ます」をつけて否定した形です。

簡単に言うとこの程度の謝罪では「自分の気が済まない(=気持ちがおさまらない、満足しない)」という意味です。

-記述式問題

© 2020 中学受験のための国語110番 Powered by AFFINGER5